今話題の「空調服」って知ってますか?

このブログは柔道整復師で息子の軟式野球のコーチをしている宮本が「空調服」の話を書くブログです。

まず、空調服と聞いてすぐに思いつく人はどれくらいいるでしょうか?

空調服とはこれのことです!

腰のところに扇風機みたいなファンが付いている服のことを指します。
イメージ的には現場仕事の方がしているイメージでしたが今はそんなこともないそうです。
釣りをしている方なども着られている方がいるそうです。

なぜ私がこの「空調服」について調べようと思ったか…
それは息子の軟式野球のコーチをしていた時でした
暑いなーと思いながら練習をしていた時に隣にいたコーチからモーター音が聞こえました
もしかしてと思い聞いてみるとベスト型の空調服を着ていたのです。
テレビなどで空調服を見て知ってはいたのですが実際に見たのは初めてでした。
「どうですか?着てる方が涼しいですか?」
「全然、着てる方が涼しいですよ!着てみますか?」
そこで初めて空調服を着させていただきました?
すると…

めちゃくちゃ涼しいじゃん!!!!!

なんで今までこれを着て練習をしていなかったのだろうと思うほどでした。

でも…なんで暑い空気を循環させているだけなのに涼しいんだろう…
そう思った私は空調服の構造と仕組みについて調べてみることにしました。

空調服の構造

空調服は基本的に服の部分とファンの部分とバッテリーに分けられます。
同じメーカーで揃える方が無難なのですが、人によってはバッテリーだけ違う容量の多い
ものにしていたりする方もいるそうです

空調服の仕組み

皆さんは気化熱という言葉を知っていますか?
人は暑くなると汗をかきますよね、その汗が蒸発する時に熱を奪います。言わば打ち水みたいなものです。

もちろん打ち水にもちょうどいい量がありますよね。
それを超えてしまうとただべちょべちょになるだけになってしまいます。
その超えてしまった汗をファンの風によって蒸発させることにより気化熱を生み出し身体の温度を
効率的に下げることができるのです。そしてその際にできた温かく湿った空気は袖口や襟元から出ていきます。

空調服のメリットとデメリット

・メリット
なによりも作業効率が上がるというのが一番ですね
あとはもちろんのことですが熱中症対策になるという事です。
また、汗が乾くので匂い対策にもなります。
・デメリット
あるとすればモーター音が鳴るので気になる人は気になるところや
使用時間によってはバッテリーがもたなかったり、たくさん予備が必要だったりします。

比較的デメリットが少ないですね。

私もこの夏の練習に向けて空調服を買おうかと思っています。
皆さんも快適に安全に夏を乗り切りましょう!!

関連記事

  1. 冷え性を吹っ飛ばせ!!冬に最適ゲルマニウム温浴!!

  2. 試合中の言葉でパフォーマンスがかわる!?言っていい事ダメな事…

  3. あなたは知ってますか?ウォーミングアップの重要性

  4. 投球動作に悪影響を与える姿勢について

  5. 衝撃!冷麺と冷やし中華は別料理!

  6. 意外と知らない言葉の由来〜梅雨編〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。